皆様こんばんは、こんにちは。
パッカーでございます。



久しぶりに投稿したら書籍の記事
というパターンが多い気もしますが
今回はいつもと少し違いまして…
かなり思い入れの強い本です。
そうぞよろしくお願いいたします。




さて、今回関わらせていただいた本は
こちらです!




こちらの本、マインクラフトの中でも
鉄道関連に特化しており、特にトロッコの
性質を詳しく解説されていますので、
マイクラの専門書と言える一冊ですね!


そこで私もジェットコースター作りの
経験を活かし、トロッコの面白いギミックを
解説!……というのは私に求められて
いませんね。ご依頼を簡単にまとめると 
『鉄道・列車関連で目新しい作品』でした。


非常に光栄なご依頼である一方、
狭いテーマの中で新しいものを 複数作る
というのは、なかなか 難しくもあります。 


この記事では試行錯誤の末
生まれたその5作品を、
全てご紹介します!



◆水鏡列車
2017-03-24-20-44-13
2017-03-24-20-44-51
一番最初に手掛けた作品。
水上を走る列車が、水面に反射して
見えるという視覚のトリック的な作品です。


仕掛けの種は、水面を境にして
水中に水上と同じ列車を
上下さかさまに建築すること。
これでバニラ※1でも反射を表現
できるのですが、代わりに
通常の二倍の労力が必要ですね。


板ガラスなどを 境にして線対称に建築して
鏡に見せかける物がもともと知られて
いまして、それを水面に利用したものです。
ただあまり メジャーな仕掛けでもないので、
アレンジして読者の皆様に知って
いただこうと思い考案しました。


しかし水中に建築すると 予想以上に
見えない。さらに 高画質モードにすると
もっと 見えない!


仕掛けとして成立 するかギリギリの
ラインでしたが 水中に光源を置いてなんとか
許容範囲に収まりました。

大丈夫ですよね…?




◆新幹線いもむし
新幹線いもむしs
列車と一口に言ってもいろいろあるもので、
現代的な新幹線も作ろうと思い考案しました。
正直はじめはボツにしようと思って
いましたが、見慣れたのか今では
気に入っています。


新幹線は小さい子供たちにも
人気ですし、虫も人気※2です。
よって難易度は下げて再現しやすさを
目指し、幅5ブロックというコンパクトな
作品にしました。




◆おもちゃ列車

おもちゃの列車s
紙面映えを意識した作品。
そして男の子は列車が大好きですし、
いもむし同様、若年層も視野に入れたのです。


技術的にはさほど新しいものでは
ないと思いますが、fillを利用した
作業短縮、羊毛を使った色鮮やかな
作品作りの参考にしていただければと
思い、考案しました。


書籍ではいかにもfillで作ったように
書きましたが、実際は床以外手置き
です。手打ち、しかもタップなので、
コマンドはなかなか手数が……。


そこはご自分の手置きスピードと比べて
うまく使い分けていただきたいですね。




◆鉛筆線路
鉛筆線路s
鉛筆で書いた線路に従って 電車が走るという
ファンタジー作品。 こういった大小を
逆転させたミニチュア風の作品は 、
とても私らしいと思います。


この作品で自分に課した要件は
「カーブ」「一般的な電車」
「視覚的な面白さ」。


要件を意識することで、各作品が似ないよう
かつバラエティに富めるように自分なりに
工夫しているわけです。なるべく楽しんで
いただきたいですからね…。 




◆環状寿司
2017-02-03-15-07-04
2017-03-30-20-35-12
6作品中最後に考案された作品。
同じ場所を周回するイメージで、
環状線と回転寿司を合わせました。


ここまでリアルな鉄道を再現する 建築が
なかったので、実在の鉄道を 使用するのが
最後の作品に私が 課した要件でした。


手数は多く使用ブロックの種類も 多いですが
これも比較的シンプルな他作品とのバランス。
作りながらも解説が思いやられる
サイズでしたが、それでもお寿司
部分を作る際は窮屈でした。


まぁ…これを再現しようという方は
いらっしゃらないと思いますが…。
要領を押さえて、どこかで応用して
いただければと思いますよ。
2017-02-03-03-58-09
ちなみに一番右のお寿司。 解説ではエビと
記載されていますが、実はサーモンの
つもりで 作りました。友人に見せた際も
エビと言われたので、もうこれは
エビでいいのだと思います。※3




◆列車絵画
夜に向かって
列車を表現する方法は、何も立体
だけではない…という変化球を
狙って作りました。時間を、絵画を
貫いて駆ける汽車。紙面映えを含め
6作品中最も気に入っている作品です。


平面と言っても、厚さ3ブロック分で
この作品は成立していますので、
言うなれば半立体ですかね。


未知の建築でしたが、こちらでも
色んな表現に 挑戦してみました。
バックストーリーやテーマがある作品は、
建築以上の厚みがあります。
そんなものを目指しましたが、実現したか
どうかは…皆様の評価にお任せします。



◆塗り絵
image
実は、最初の書籍以来の 塗り絵が
付いています!今回は 見開きで大きめですよ。
作品は 「おもちゃ列車」と「環状寿司」。


製品に書き込むのは抵抗が あるかも
しれませんが、物は使ってこそ価値が
あるというもの。 買われましたら是非
遊んでみてくださいね!




◆余談
今回は一度全部作って提案した後、
配布マップにするため、そして 製作過程を
撮影するために全て二回以上作っています。


そのため、紙面に載っている物と
配布データ、ツイートした画像とでは
それぞれ微妙に違っている部分が
あるかもしれません。


また、文章説明ためにあえて省略した部分が
配布データだと復活していたりします。
……まぁそこまで細かく観察することは
そうないとは思いますが…。




◆実はのけものが…
鋭い方は、「5作品掲載と言いつつ
6作品紹介してるじゃないか
」と
お思いかもしれません。


実は最後にご紹介した『絵画列車』、 諸事情で
残念ながら掲載されていません
元々は掲載予定だったのですが、
この本自体が鉄道という テーマで綺麗に
まとまっていますので、絵画列車は
創作の要素が濃すぎたかな、と
後になって私も考えました。


ただ、別の形で掲載を検討して
いただいていますので、決まりましたら
またご紹介しようと思います。


そして…
お気づきの方がもしかしたら地上に数人
いらっしゃるかもしれません。この
列車絵画、載っていないのに実は
配布データには存在しています


編集の順序が察せる、いわゆる
大人の事情というやつですね。



……………………………



というわけで、全て作り卸しかつ
書籍というものを強く意識した
私にとって思い入れの大きい
一冊のご紹介でした。


難しいご依頼でしたが、苦悩すらも
楽しいのがマインクラフト。是非また
こんな尖った制作に挑戦したいものです。


…なので、もしも買われた方が
いらっしゃいましたらアンケート
投書をどうぞよろしくお願いします。





…とはいえ、無理に私を評価して
いただくことはありません。ご意見
全てが今後のためになると思います。
良し悪しどちらにしても、
ご協力いただければ幸いです。







では、次回…PC&マルチデビュー
もしくは書籍紹介の記事で
またお会いしましょう。




ありがとうございました。



パッカー

http://twitter.com/pacckker           







※1 ゲーム用語でバニラとは、シンプルで素のままの状態の事。マインクラフトにおいてはテクスチャやMODを導入していない状態を指します。語源はバニラアイスから来ているそうですが、バニラアイスはあくまでバニラ味のアイス。よく誤解されていますが、ただのアイスは卵・牛乳・砂糖から作れるので当然ながらバニラの味はしません。もっとバニラの事を評価してあげてください。

※2 私からは不人気です。しかしながら小さい建築で少しでも似せるべく資料でたくさん芋虫を観察せざるを得ませんでした…。

※3 実は解説文の元は私が書いていまして、それをプロが推敲したり補完してくださいます。変わった言い回しに推敲されたなぁ…と思う時もありますが、そんな時は大抵私が自分で書いたのを忘れているだけです。